エグゼクティブな出逢いと結婚までを、厳選した会員様にサポートしているウィッシュスタッフのブログ


by wish-yokohama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


こんにちは。ウィッシュ横浜です。


突然ですが、
皆さんは、自分の人生に影響を受けた出来事はありますか?


私はつい先日、すごく大きなことではありませんが、
この先『ずっと忘れないだろう』と思えるくらいの出来事がありました。



その出来事は、1枚の貼り紙に書かれた“ほんの少しの・・・”から始まった出来事です。





とある家から、


『ニャーニャー』と猫の鳴き声が聞こえてきました。



そのお家は猫を飼われているようで、

『ニャーニャー』
『ニャーニャー』
『ニャーニャー』

と家の中から鳴き声が、外まで聞こえてきます。



その泣き声につられ、ふとお家の塀に目をやると、
1枚の貼り紙に、こんな言葉が書かれていました。





『(猫の名前)です。いつも泣き声がうるさくてすいません。病気で苦しんでいるので、少し大目にみて下さい』






お家の前は小学生や保護者の皆さんが多く歩いている通学路。


『ニャーニャー』 『ニャーニャー』


多くの人が、猫の泣き声と貼り紙に足が止まるようになりました。





そんな光景が何日か経った頃、


貼り紙を見た子供たちが、猫じゃらしや摘んだお花、折り紙で作られたお魚など、
猫のお見舞いをするようになりました。



その後もお見舞いの品は増え続け、今では何とも“ほっこり”とした場所になっています。




そんな心温まる光景が生まれたのも、




猫の飼い主さんが、近所の皆さんへ“ほんの少しの心遣い”をして、
その心遣いが道を歩く方々に伝わり、“ほんの少しの優しさ”のお返しがあったのだと思います。





私は、
『日本って良い国だな』と改めて思いました。


そして“ほんの少しの心遣い”と“ほんの少しの優しさ”にあふれた街が、また好きになりました。



マナーは必ずしもルールではなく、
“相手を思う気遣い”と“少しの優しさ”、そして実行する“少しの勇気”が大切なことを教えてもらいました。




これは大きな出来事ではないけれど、本当に大切なことを学べた出来事でした。
[PR]
by wish-yokohama | 2014-06-08 18:59 | スタッフの日常